大好きな韓国ドラマです。

16世紀後半、女性として初めて<沙器匠>の座に上りつめた朝鮮一の陶工、ユ・ジョンの波瀾万丈な半生を描く『火の女神ジョンイ』。
 モデルとなったのについては実在した陶工で、“有田焼の母”だとも称される百婆仙(ひゃくばせん/ペクパソン:1560年~1656年)なのだ。慶長の役時に渡来し、九州で数百人もの陶工を指導して敬愛された百婆仙と言いますと、はたして故郷・朝鮮でいかなる日々を送っていたのか?
 本作とは、百婆仙にユ・ジョンという名を付け、彼女が沙器匠となるに至るまでのサクセスストーリー、そうして王子・光海君と対比しての身分を過ぎたロマンスをドラマティックに描き出す。

宮廷女官チャングムの誓い』の水剌間(スラッカン)、『イ・サン』『風の絵師』の図画署(トファソ)、『トンイ』の掌楽院(チャンアグォン)、『馬医』『ホジュン~伝説の心医~』の内医院(ネイウォン)といった宮中の部署に続き、王室の陶器製造所に位置する分院(プノン)が初めて韓国時代劇の舞台となったことまでも話題に!
 一流の沙器匠を期待し、男装して分院に入ったジョンの奮闘と出生の秘密、やりきれないラブストーリーや宮中の権力争いなどなど、次から次へと繰り広げられるエピソードから目が離せ生じない。



16世紀後半、朝鮮第14代王・宣祖の時代。沙器匠(サギジャン)のイ・ガンチョンとユ・ウルダムに対しては王命を受け、陶磁器製造所・分院(プノン)の最高官職・郎庁(ナンチョン)の座をめぐって勝負をする。宣祖に対しては2人が作った茶器を気に入るが、仁嬪(インビン)キム氏とガンチョンの計略を仲間に入れたウルダムと言いますと、無実の罪で分院から追放される。同じシーズン、沙器匠の助役ヨノクに関しましては分院の窯の方で女児を出産。師匠のウルダムに娘を託し、この世を去ってしまう。ウルダムにジョンと名づけられた赤ん坊と言いますと、やがて陶芸と見比べても狩りや弓に夢中のおてんばな少女に成長する。
 以前、ジョンとは山の方で光海君と運命的な出会いを果たし、今まで感じたことを感じない胸の高鳴りをおぼえるのであった。そのうち、ウルダムに関しては分院に戻る機会をゲットするが、ガンチョンが送り込んなのだ刺客に暗殺されてしまう。俄然父を亡くして傷ついたジョンと言いますと、ウルダムを侮辱するガンチョンの言葉を偶然耳にし、沙器匠と決められて父の無念を晴らそうと決意する。
 それから5年後――。朝鮮一の沙器匠になってしまうため、男装してテピョンと名を変えたジョンと言いますと、ひょんなことから光海君とふたたびめぐり合うが…。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。